インターンシップは仕事をしながら社会勉強をする

まずは、海外でのインターンシップについて見ていきましょう。インターンシップとは、とある企業に学生が出向き、業務を行いながら社会勉強をするというものです。企業によっては給料が発生する場合もあります。海外でのインターンシップは、ホテルなどのサービス業が人気で、実際にお客さんに接しながら海外で働いていけるのです。

グローバルな視野が育ち精神的に強くなれる

では、インターンシップの魅力とはどのような所なのでしょうか。実際にインターンシップに参加すると、特に海外であれば幅広い視野を持てるようになるでしょう。海外は働き手もお客さんにも様々な人がいます。自分の思っていた環境ではないかもしれませんが、そこで決して負けずにインターンシップをやり抜くことで、精神的なタフさや海外の労働事情を理解できるのです。

向上心の強い人に向いている

インターンシップにはどのような人に向いているのでしょうか。まず、インターンシップは、「向上心の強い人」に向いています。日本だけでなく海外にまで視野を広げ、現地の人とビジネスをかわすことによって、きっと成長できるでしょう。また、「働く前に海外のビジネス事情も知っておきたい」と言う学生さんにもおすすめですね。

インターンシップは働きながら社会勉強ができて留学では海外の学校で語学や文化を学べる

インターンシップと留学の違いや、それぞれの魅力を見ていきました。インターンシップと留学は似ているようで実は大きな違いがあったのです。あなたに合った方法をぜひ考えてみてください。もちろん、インターンシップをしながら留学を行うこともできます。この場合、大半の人が長期休暇で日本に一時帰国する中、現地に残り休暇中だけインターンシップを行います。こちらも効率よく両方が体験できるのでおすすめです。

留学は海外の学校に通って語学や文化を学ぶ

次に「海外留学」について見ていきましょう。海外留学には「短期」のものと「長期」のものがあり、短期は語学力の向上と言うよりは海外生活を体験してみるというものです。一方長期留学は1~3年もの間現地の語学学校などに通い、生きた外国語に触れられます。また、学校生活以外にも何か目的を持って留学している人もいるようです。

語学力の向上や現地生活の研究も可能

では、留学にはどのような魅力があるのでしょうか。まず、留学では「語学力」という面で向上ができます。留学先の学校に通ってネイティブと触れ合い、様々な国籍の生徒と一緒に授業を受けることによって自らの学ぶ意欲も刺激されるでしょう。また、留学では学校生活以外の時間も豊富にあるので、現地の生活を体験して自分の好きなものを研究する人も多いようです。

語学以外の分野にも何か興味がある人におすすめ

海外留学はどのような人に向いているのでしょうか。一般的に「留学」というと語学力の向上を目的としている人が多いようですが、日本には海外に一切行かずに外国語をマスターした人もいます。ですから、語学以外の分野にも何か興味がある人におすすめです。現地でしか触れることのできない分野もたくさんあるので、ぜひ研究してリアル感を体験してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です