インターン組は「経験」がある分、就活に有利!

インターン組が本当に就活に有利なのかを考察してきましたが、いかがでしたでしょうか。
どうやら、インターン組が就活に有利というのは本当のようです。もちろん個人差はあるでしょうが、事前に選考で受かるための書類の書き方や面接の練習をしたこと、就業を実体験したからこその危機感や向上心からくる意欲、そして、自分のビジョンがすでに固まっていると企業から思われるのが、就活を有利に進められる理由のようです。

インターン組みは経験に基づいた内容を面接で語れる

インターン組は実務をおこなっていたわけですから、面接などで話す内容に重みが加わります。それは普通の就活生が埋めようのない溝です。
インターンの期間によっては数ヶ月に及ぶので、即戦力とはいかないまでも、インターン組が企業から期待の目で見られるのは自然です。これもインターン組は就活が有利と言われるポイントのようです。

インターン組は企業から辞めにくい人材と認識されるので有利

インターン組は実務の中から得た自信をもとに物おじせず面接で話さるから有利、と言われます。確かにそれもあるでしょうが、インターン組が有利なのは、企業から辞めにくい人材と認識されるからというのが最も大きいようです。
インターン組は実務の中から、自分の向き不向き、やりたい事、将来のビジョンなどを具体的に導き出します。つまり、その自己実現のためにこの企業の選考を受けているとあれば、志望度は高く、採用すれば目的意識をもってしっかり働いてくれそう、そしてそう簡単にはやめなそう、と思われるのです。
これがインターン組は就活で有利といわれる大きな要因でしょう。

インターン組は就活への意識が高い

インターン組は書類選考や面接を経験し、そして、就業体験もしています。その経験から就活に対する危機感や、就業に対する自信が生まれ、それが意欲となって積極的に行動を起こせるようです。これもインターン組が有利といわれる理由のようです。

多くの就活生が最初はあまり就活に積極的でない

多くの学生にとって就活はあまり喜ばしいものではないでしょう。スーツを買ってみたり、履歴書の学歴欄は埋めてもその他の欄はまだ白紙…なんて人が最初は多いのではないでしょうか。そして、だんだんと就活が本格的になってきて焦り、必死に自分も行動しだすわけです。
インターン組は事前に書類選考や面接でドンドン落とされて、どれだけ選考が厳しいものなのか身に染みています。また、実際に就業し働く事の大変だけでなく、やりがいや楽しさも垣間見ており、就業への意欲が高いようです。就活に積極的なインターン組は、チャンスを得る機会も多くなります。これも就活を有利に進められるとされる理由のようです。

インターン組はインターンの書類選考や面接を経験している

インターンの種類によっては、書類選考と面接があります。つまりインターン組はすでに、書類選考と面接を経験しているのです。それがインターンをしていない学生との差となってあらわれ、インターン組は有利と言われるようです。

インターン組は就活での書類選考や面接の経験値が貯まっている!

インターン組は実際の就活が始まる前に書類選考や面接を経験しています。その経験が就活に有利に働くのです。つまり普通の就活生が試行錯誤して自分のスタイルを編み出している時点で、すでにインターン組はそういうものを確立しきっているのです。
就活生が0地点にいる時、すでに、何十歩も先に進んでいるわけですから、少なくとも就活が始まったばかりの時期であれば、確実に就活を有利に進めているでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です