サントリーのインターンについてわかる関連サイト紹介

サントリーホームページ
サントリーホールディングス株式会社の新卒採用・企業情報|リクナビ2018
サントリーホールディングス(株)|新卒採用新卒採用・会社概要|マイナビ2018

サントリーホールディングスのインターンシップ選考対策:面接

エントリーシートをパスしたら、いよいよ面接です。インターンシップに行くための最重要ポイントですので、エントリーシートとあわせてしっかりと対策を行っておきましょう。「学生時代頑張ったこと」や「志望動機」など基本的にはオーソドックスな質問が飛んでくるようです。

対策:一般的な質問から人間性を判断される

サントリーホールディングス(SUNTORY)の面接では、一般的な質問内容が多いです。志望動機や人生で一番頑張ったこと、これまでに挫折した経験というような内容です。質問に答えるのはそれほど難しくはありませんが、面接官はそのような質問から、この人が自分を偽っていない、ということを重要視して判断しています。本心を語る、ということを意識しておくようにしましょう。

サントリーホールディングスのインターンシップ選考対策:実施概要

サントリーホールディングスでは一人一人が与えられた課題をクリアするシステム

サントリーが行っているインターンシップでは、1人1人に与えられる課題をクリアしていく事となります。インターンシップと言えば、多くの人が一緒になって課題に取り組む事も多くありますが、サントリーホールディングスでは参加した学生1人ずつに課題を与え、別の部署に配属させて取り組んでもらいます。1人が課題に取り組む事によって、確実に考える力を付けられます。

サントリーホールディングスで与えられる課題は様々

サントリーのインターンシップでは、与えられる課題が様々であり、どの課題が与えられるかはわかりません。そして選ばれた課題に沿って部署に配属され、色々な体験を通じて最後に答えを出すようになります。

最後にはフィードバックをもらえる

色々な課題に取り組んでいるうちに、サントリーホールディングス(SUNTORY)の本質が見えてきます。何をすれば改善できるのか、そして必要とされている情報はどこに隠されているのかを考えつつ、しっかり仕事をしながら解決の道を見つける事になります。最終的に課題の答えを提示して、フィードバックを貰うようになります。

サントリーホールディングスのインターンシップ選考対策:実施場所

基本的にサントリーは、沢山の工場を運営しています。そのため、配属される工場で内容が異なります。この工場で何を行っているのかは若干異なりますが、それでもやらなければならない課題に取り組める環境は作られています。また工場によって与えられる課題は異なっており、実際に行っている仕事の中から、お題をクリアする事になります。

サントリーホールディングスのインターンシップはもの作りへの情熱をぶつける選考対策を!

サントリーのインターンシップについて選考と対策を紹介してきました。サントリーホールディングスは理系の学生を中心に採用しており、考える力を持ってもらうことを考えています。ただ、製造系の仕事に向いている方じゃなければ厳しいことが予想され、色々な視点で考える力も対策として必要になります。参加できる学生の制限もあり、インターンシップに参加したいと考えているなら、エントリーシートの対策が必要不可欠です。ぜひ、サントリーホールディングスのインターンシップ選考の対策を行って参加できるようにしましょう。

サントリーの会社情報

企業理念について

サントリーの企業理念は「人と自然と響き合う」です。
これには
商品やサービスを通じてお客様の生活文化を潤い豊かなものにしていく。
商品の源泉である自然の恵みに感謝し、恵みを生み出す自然の生態系が健全に循環するように力を尽くす。
人々の生活文化を潤い豊かにする
自然環境を保全することが互いに矛盾せず、幸福な相互関係で結ばれ、永く持続していく社会づくりに貢献する。
という意味があり、サントリーの存在理由ならびに到達目標を示しているのです。

サントリー・企業理念

HPから分かるサントリ―

HPから分かるサントリ―の事業内容・状況について解説します。サントリーは2016年連結売上高26515億円を誇る飲料業界のリーディングカンパニーです。酒類、清涼飲料水、健康飲料の開発販売はもちろんのこと、健康食品事業や外食事業、水科学研究所などその事業は多岐にわたります。近年上質で手ごろなコンビニコーヒーが支持を得る中、缶コーヒーはそのポジションを奪われつつあります。自動販売機の売上も減少している中、メーカー各社は対応におわています。サントリーでは、法人営業の強化による屋内自動販売機売上の向上、基幹ブランドの強化及び高付加価値商品の提供、生産ライン増設による生産体制の拡充をしていく方針です。

基礎情報

【社名】
サントリーホールティングス株式会社

【代表者】
代表取締役会長 佐治 信忠
代表取締役社長 新浪 剛史

【本社所在地】
・本社(大阪オフィス)
〒530-8203
大阪府大阪市北区堂島浜2-1-40
06(6346)1131(代表)

・サントリーワールドヘッドクォーターズ
〒135-8631
東京都港区台場2-3-3
03(5579)1000(代表)

【本社アクセス】
・本社(大阪オフィス)
JR「大阪駅」→(徒歩:15分)
地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」→(徒歩:5分)
地下鉄御堂筋線「梅田駅」→(徒歩:15分)
JR「新大阪駅」→地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」→(徒歩:15分)
JR「北新地駅」→(徒歩:5分)
京阪中之島線「渡辺橋駅」→(徒歩:2分)

・サントリーワールドヘッドクォーターズ
ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」→(徒歩:2分)
りんかい線「東京テレポート駅」→(徒歩:5分)

【資本金】
700億円

サントリーホールディングスのインターンシップ選考対策:エントリーシート

サントリーのインターンシップに参加するためには、エントリーシート選考と面接を突破しなければなりません。大手企業ですから、当然のように希望者も多く、エントリーシートだけでも選考で多くの人間が落とされてしまいます。では、インターンシップに参加するためには、どのような点に注意して選考対策をしておけば良いのでしょうか。

選考:エントリーシートの項目はかなり特徴的

以下は、実際に過去の選考におけるエントリーシートにあった項目です。

「サントリーホールディングスでやってみたいこととその理由を具体的に教えてください」
「これまでの人生の中で、挑戦または創造をしたことについて教えてください」
「B5ほどの白紙の紙に「ものづくりへの想い」を自由に書きなさい。文章、イラスト、写真等自由に書いていい」

他にも志望動機などの一般的な質問も存在しますが、サントリーホールディングスの選考で特徴を現す質問としてはこの三つが最も特徴的でしょう。特に二、三番目の質問に関しては、かなり特徴的で、サントリーホールディングスがどのような人材を選考で求めているかということがよくわかります。

対策:サントリーホールディングスが求める人物像を理解する

サントリーには、選考を通してこのような人物を採用したいという明確な基準があります。それが以下の三つです。

「やってみなはれ精神があること」
「ビールがとにかく好きであること」
「一つのことに対して、徹底的に打ち込んだ経験があること」

エントリーシートの項目と見比べてみれば、サントリーホールディングスがこの三つの精神を元に、学生を見極めようとしているというのがよくわかると思います。つまり、エントリーシートを記入する際に対策として重要なのは、熱意と愛情の有無、さらにそれを証明するための実体験、という事になります。ここまでわかれば、エントリーシートを記載する際の方向性が見えてきたはずです。この三つをアピールする形で書き込むよう対策しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です