ベンチャーでのインターンの欠点は

ベンチャー企業でのインターンシップは、会社自体が新しく、人員も少ない分、考え方も様々でいろいろな事をさせてもらえそうです。しかし何事もメリットだけではなく、デメリットもあるものです。特にベンチャー企業ならではのインターンで働く場合の良い点と悪い点はあるのでしょうか。大手企業と比較して考えてみましょう。

ベンチャーでのインターンは給与体制や労働環境が整備されていない場合がある

ベンチャーでインターンとして働く良い点は、本人が努力し熱意があれば、インターンであっても短期間で大きな企画に参加する事が出来たり、社長をはじめとした重役と一緒に仕事が出来る可能性があるという点です。大企業では全てがしっかり階段式になっているため、入社後すぐに大きな企画に参加できる、という事はなかなかありません。しかしベンチャーは、企業によっては大企業ほど給与体制や労働環境が整備されていない場合があります。また、人が少ないため、何でもこなす事を求められる事も。メリットだけではなく、デメリットがあるという事も考えておきましょう。

スキルを身につけられる長期インターン

インターンの募集には、長期インターンと短期インターンの2種類があります。短期インターンはおよそ10日間程度の期間の間、会社や業務について学び、簡単なグループワークがあり、主に大学3年生を対象に行われます。希望する会社が短期インターンを募集していた場合、参加しておくと就活時に選考を有利に進める事が出来るのでおすすめです。そして長期インターンは1か月以上から約半年にわたり、じっくりと会社の業務に取り組む事が出来ます。ベンチャー企業で多いのは長期インターンの募集で、社員の中に入り社員と同等に扱われるため、スキルを身に着ける事が出来る絶好の場です。

インターンは出勤日や勤務時間も応相談

ベンチャー企業のインターン募集を見ると、出勤日や勤務時間が応相談、となっている募集が多い事に気付きます。通常会社のコアタイムである9時から18時だけでなく、学生であれば17時から22時まで、といった募集や、週4日で可、在宅勤務可能、といった募集も。新しい会社であるベンチャーは働き方のスタイルに対する考え方も柔軟。学生でも長期インターンとして働きながら学べる場が提供されているのです。

ベンチャー企業でのインターンは出勤日や勤務時間も相談できるが労働環境が整備されていない場合がある

ベンチャーでのインターンは、会社の規模が小さい分、社員と同じに扱われ大きな企画を任せてもらえる事もあります。しかしその分責任は大きく、また、大企業のように各種環境が整っていないケースも。けれどやりがいを感じ、経験を積むという意味では、非常に強みがあるといえるベンチャーのインターン。やる気と熱意にあふれる人はぜひ挑戦してみて下さい。

ベンチャー企業の魅力は成長性

企業には誰もが名前を知っている大手から、中堅、そして歴史が始まったばかりのベンチャーまで多数存在します。ベンチャー企業は歴史や規模が小さいものの、勢いがあり数も非常に多い事が特徴です。また現在は大企業に名を連ねている会社も、数年前は誰も知らないベンチャー企業だった、という事も多くなってきた現在。非常に夢を感じる企業でもありますね。さて、これから就職をしよう、就活をしようと考えた人がインターンシップ制度を利用しようとしたときに、ベンチャー企業のインターン募集が多い事にまず気づくかと思います。

ベンチャー企業のインターンは大きな仕事を任されるケースがある

規模が小さいけれど勢いがあるベンチャー企業は、新規事業にどんどんと参加していく事が非常に多いです。また、インターンといえど社員と同等に扱われる事が多く、本人にやる気と熱意があれば、大きな仕事を次々に任される事が多いのが、ベンチャーのインターンです。逆に中途半場は許されないのだと肝に銘じておいたほうが良いでしょう。しかしその分、中にいる人たちとの絆や結びつきは強くなります。新しい事にチャレンジし、たくさん働きたい!という熱意に燃える人にはぴったりの職場といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です