体育会系の学生は商社の就職に強い

体育会系の学生は、商社の就職に強いです。商社は、営業をメインとして部署構成になっているため、基本的に元気で明るい人材を求めています。体育会系の学生であれば、そういった性格や人柄を持っていると判断されるため、少なくとも選考の際に初めから悪い印象を持たれる心配はありません。体育会系であることを最大限に利用して商社の選考を有利に進めましょう。

体育会系というだけで大きな期待をされる恐れがある

体育会系の学生に対して過度な期待を抱かれている場合、期待を少しでも裏切ることで評価が大きく下がる恐れがあります。例えば、体育会系の学生は元気で明るいというイメージを持っており、少しでも元気が無い素振りを見せてしまうと、必要以上に評価が下がることなどが挙げられます。自分にどういったことを期待されているのかを把握した上で、商社の選考に臨みましょう。

体育会系の自己PRはシンプルな方が理解してもらいやすい

商社の選考では、学生の頃にリーダーシップを発揮したことがわかる経験を伝えることになります。体育会系は、エピソードがシンプルになりがちですが、それが逆に理解してもらいやすい要因となるため、自己PRを考えるのに苦労しません。多少、エピソードの中で掘り下げたりない部分があっても、採用担当者に理解してもらえるのは大きなメリットです。

商社の採用担当者の期待を最大限に活かそう

商社は、体育会系の学生を好んで採用する傾向があるため、その期待を最大限に活かしましょう。自己PRや入退室のマナーなどにおいて、期待通りの行動をとることができれば、それだけで高評価を得られるでしょう。ただし、体育会系だけを採用しようとはしていないので、しっかりと業界や企業のことを研究しておく必要があります。

体育会系の学生は短期集中で就職活動をする必要がある

体育会系の学生は、文系の学生が就職活動をしている時期に4回生最後の大会があるなどして、就職活動を始めるのが遅れてしまうことがあります。そのため、短期集中で就職活動をしなければなりません。しかし、商社は体育会系の学生のそういった事情を把握しているため、就職活動を開始するのが遅れても、企業研究やOB訪問などしっかり行えば問題ありません。

部活で忙しくてもOB訪問は必ず行おう

商社への就職を希望するのであれば、OB訪問を必ず行い、業務内容や企業の実態についての情報を得ておく必要があるので、就職活動を開始したらすぐにアポイントメントを取りましょう。OBは、自分の評価を採用担当者に伝えることもあるので、OB訪問を受けてくれたことに対して感謝の気持ちを持ってインタビューをしましょう。

体育会系の学生は商社への就職に強いが大きな期待をされる可能性もあるので注意

体育会系の学生は、商社への就職に強いです。これは、商社の中核を担う業務が主に営業であるためです。体育会系の学生であれば、元気で明るいといったイメージを持たれているため、選考を有利に進めやすいです。商社の採用担当者の期待を裏切らずに、入退室のマナーや受け答え、自己PRの内容の充実など、できることを全て行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です