塾講師の仕事をやる上で子供や学生と関わるのは必須

塾講師をやるということは子供や受験生と関わるということになりますので、志望動機に子供と関わるのが好きであることを入れることも効果的な志望動機になります。人の面倒を見た経験や何かを教えた経験などがあると話により具体性も生まれますね。塾講師を募集するからには子供の扱いの上手な人に入ってほしいと感じている面接官も多いです。ぜひ面倒見が良いことも志望動機に取り入れていきたいところですね。

人の面倒を見ることが好きであることは効果的な志望動機に

塾講師の志望動機を語る際に、人の面倒を見ることが好きなので生徒に直接関わりその成長を実感できる塾講師をやりたいという思いを伝えると説得力も出てきますね。具体的に兄弟に勉強を教えた経験や部活で後輩に指導した経験などもよいですね。その際に自分がどの点を工夫したのか、どの点に魅力を感じたのかといったことも併せて伝えると本当にあなたが面倒見の良いことが面接官にも伝わって良いでしょう。

塾講師の仕事に就いた際に実現したいことを告げる

塾講師の仕事の志望動機を伝える際には目標があった方が面接官もあなたの熱意を理解しやすいです。塾講師になることによって何を実現したいのかといったこともぜひ志望動機に盛り込むようにして下さい。目標が具体的であればあるほどのあなたの志望動機も説得力が生まれることになりますので、塾講師になった5年後10年後も想定して自分が仕事で何を実現していきたいのかを具体的に考えてみましょう。

明確な目標があると効果的な志望動機となる

塾講師に応募する際の志望動機に明確な目標を盛り込む際には「〇〇高校に〇人入れられるような高度な授業をしたい」というのも良いですが、「授業についていけない子のフォローもしていきたい」という生徒全体のことを考えるような内容も良いですね。具体的にするのは何も数字をいれるだけではなく、本当に仕事上で実現していきたいこと、またその実現のためにどんなことを取り入れていきたいのかといったことも考えた上で志望動機を話すとより明確になっていきます。

塾講師の仕事をする際の志望動機はきっかけや目標を入れ込んで効果的に伝える作り方をしよう

塾講師の仕事に就くための志望動機の作り方について紹介しました。塾講師の仕事への志望動機を伝える際には自分だけのきっかけや明確な目標を具体的に伝えると面接官にも理解しやすい印象に残る志望動機になります。目標を実現させるためにどんな方法を考えていくのかを伝えるのも良いですね。また、人の面倒を見ることが好きなので、その成長を実感できる塾講師の仕事をしたいと伝えるのも説得力がありますね。

塾講師の仕事を希望しているからには誰にでも何らかのきっかけがあるものではないでしょうか。面接官も「なぜあなたが塾講師の仕事をしたいと思っているのか」という志望動機やそのきっかけは一番知りたいところでもあるはずです。塾講師の仕事に就きたいとおもった自分だけの本心や具体的なきっかけを志望動機として伝えてみましょう。

具体的なきっかけは真実味のある志望動機となる

塾講師の仕事の志望動機には自分も塾に通っていて先生にお世話になったからといったきっかけがある人も多いのではないでしょうか。そのようなきっかけを伝える際もただ先生に良くしてもらったからということだけではなく「先生のどのような部分が良かったのか」や「お世話になった先生のようなどんな先生になっていきたいのか」と言ったことも志望動機に盛り込むと話に真実味が出てきて良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です