就職活動用の写真はスーツ着用が基本

すごく当たり前なのですが、就職用の写真をとる時は、スーツを着るようにしましょう。スーツで写ると、それ以外の服で写るのとは真剣さがまったく違います。普段着で写っていたら、何かの使い回しか、アルバイトの履歴書感覚で不真面目に見えます。書類上の写真一枚でやる気がない、常識がないと判断されると、どこにも就職は決まりません。面倒でも写真のためにスーツで行き、お店で証明写真を撮ってもらいましょう。
また、スーツは濃い目の色の方が、服と肌の色のコントラストで顔が目立ちはっきりした印象が残ります。薄い色だと、全体に印象がぼやけてしまいがちになります。

写真に写るのは胸から上の部分

また、就職活動の写真、スーツは基本ですが、胸から上で顔がしっかり写った写真を使います。自宅で撮ったものだと、サイズ合わせがうまく行かず、胸から上の写真にならなかったり、場合によっては他サイズの写真からの使い回しに見えます。様式として写真の大きさと胸から上まで写るという形は決まっていますので、自分で切って使うタイプの写真は特に気をつけましょう。また、胸から上の写真を座って写るため、座った影響でスーツが持ち上がりシワが出来、肩や胸の方にも影響して美しく見えない時があります。持ち上がって型が崩れないように、スーツの一番下のボタンをはずしておくと持ち上がらずすっきり写ることができます。

就職活動用写真はできるだけお店で撮る

まず、証明書用写真はできるだけお店で撮り、プリントをするというものです。プロが撮ると顔のピントや写り方が違いますし、写真の画質や切り方も変わってきます。最近はプリンターも発達しているため、家で撮りプリントしたものを履歴書の枠の大きさに切って使うことはできます。
他に安く証明写真用の機械でも履歴書サイズの写真は撮れます。ですが、やはり、お店で撮ってもらったものには勝てないのです。また、お店で撮ってもらうのには、さらにメリットがあります。最近はデータを残してもらえるため、何枚も追加でサイズを変えたりしつつ同じ写真を作れるのです。ただ、そのデータはずっと使えるわけではありません。
履歴書の写真は基本3ヶ月以内に写したものでないといけません。あまり変わらないと思っていても髪型や長さが違ったり、雰囲気でわかってしまう場合もあるので注意しましょう。ですが、基本就職活動をする際は、同時期に沢山の会社に応募するため、その点同時期の写真はかなり沢山必要となります。きちんと就職活動をしているならば、無駄になることはないのです。

機械で撮る場合は白いハンカチを用意して顔を明るくさせる

証明写真用機械で撮ったスピード写真を見たことがある人はわかりますが、安いだけに写り方も、画質もあまりいいものではありません。そういった機械で撮るのはアルバイトの採用の際や免許更新時とか、あまり印象が重要でない書類を提出する時に限った方がいいと考えましょう。
ただ、どうしても急遽写真が必要な場合、証明写真用機械を利用せざるを得ない時があります。その際は膝に白いハンカチを置いて反射板の代わりに、顔が明るくなるようにしましょう。やはり、お店で撮るより光量が足りないのも写りの悪い原因だからです。他にカメラのレンズ部分のガラスの汚れを拭いておく、顎を引いて写るように意識する等、写りがよくなるよう努力してみましょう。それらの努力をすると、証明写真用機械のスピード写真を撮っても比較的マシな写真を作ることができるのです。

就職の第一印象を決める履歴書の写真はサイズと写りに気を付けるためなるべくお店で撮ったものを使用する

履歴書の写真をきちんとすると、就職につながると言われてもピンと来ないかもしれません。きちんとし、常識的な範囲での礼儀を守ることです。履歴書が他社からの使い回しだったり、書いてあるものに嘘や誤字脱字が多ければ印象は悪くなります。写真の服装や写り方もそうです。知らない場合は人に聞いて教えてもらったり、ネットで検索しましょう。少し調べたらわかるような礼儀を守れない人は、就職活動においてダメだと判断されます。色々わからない時はしっかり調べてから、履歴書や写真を用意するようにしてくださいね。

履歴書に貼る写真は写りやサイズに気を付ける

世の中で写真は沢山の方法で手軽に作れます。だから、写真なんてどれもみんな一緒でしょ?と思われるかもしれません。ですが、実際に会う時の第一印象って見た目で決まるのがほとんどってご存知ですか?
つまり、就職活動の履歴書においても、写真はかなり重要な判断基準になるということです。だから、就職ではより写りがよく、常識に沿ったものが求められます。

履歴書に貼る写真のサイズは4cm×3cm

縦36~40mm、横24~30mmとよく履歴書に書いてありますが、基本縦が4cm×横3cm(40mm×30mm)が履歴書サイズの写真と言われています。つまり履歴書の写真枠に隙間があまり空かないようにするのが基本となっています。実は、お店で撮ってもらったものに勝てないのには、切り方やサイズの問題もあります。同じ縦が4cm×横3cmでも、自分の手で切った写真はどうしても、大きさがぴったりにはならず、切り口や四角の角度がおかしくいびつになったりします。
家のプリンターで印刷したものや、証明書用のスピード写真の機械でとったものは結果手で切るものになり、切り方でも美しく見えない写真になりがちなのです。自宅で撮ったものだと、サイズ合わせがうまく行かず、胸から上の写真にならなかったり、場合によっては他サイズの写真からの使い回しに見えます。
様式として写真の大きさと胸から上まで写るという形は決まっていますので、自分で切って使うタイプの写真は特に気をつけましょう。

履歴書や写真の使い回しは印象を悪くする

就職活動において履歴書の使い回しも印象は最悪ですが、写真の使い回しもすぐに相手にわかり、印象はよくありません。どうしてもはがす時に、微妙に裏がはがれたり写真が折れたり美しくないからです。返却されてきた履歴書からはがして貼るとわかると同時に、証明写真なのに胸から上ではなく首から上とかになっていれば、サイズの違う写真を無理矢理切って合わせたことはわかってしまいます。そういった使い回しも、相手の会社を軽視しているように見え、書類選考が通ることはありません。

就職活動の出費はケチらない

そこは就職のために出費が痛くてもケチらず、新しい写真を使いましょう。あと、水のりよりはスティックのりは水分が少なく、写真や履歴書が水分でふやけないので美しく貼れます。ただ、スティックのりはその分はがれやすいところがあるので、写真の裏には必ず名前を書き、のりは全面にしっかりつけて履歴書に貼るようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です