留学から帰国して間が空くと就職が難しくなる

留学そのものには大変意義がありますが、帰国してから間が空くと、その後の就職が難しくなってしまいます。しばらくブランクができると、留学を経験してきその後は遊んでいたのではないかと思われる可能性があるのです。また、せっかく身に付けた語学力も、帰国後時間が経つにつれて低下しかねません。さらに、留学したその後には、経験したことの記憶も薄れていきます。

帰国後早めにアクションを起こすのが大切

上記の問題点を考慮し、留学先から帰国したその後は、早めに就職活動を開始するようにしましょう。留学仲間と情報交換して必要な情報を収集したり、留学経験者向けのセミナーに参加したりすることからでもよいので、その後も何らかのアクションを起こすべきです。また同時並行で、アルバイト等でもよいので、留学経験が生かせる仕事を始めておくのもよいでしょう。留学から帰ってきたその後の行動次第で、今後が変わるのです。

留学したその後は視野を広げて仕事を探すことや語学力以外の人脈やスキルをアピールするのが大切

留学自体は貴重な経験ですが、そこで終わっては意味がありません。帰国してからその後の就職活動が、極めて重要になります。転職の場合はエージェントも利用し、志望先の幅を広げながら、積極的に活動していきましょう。また、語学力に限らず、コミュニケーション能力や人脈等、留学で得たものをしっかりとアピールすべきです。

留学経験者は語学力以外のアピールも重要

上記の就職活動においては、留学経験者であることから、語学力をアピールできますし、それはそうすべきです。しかし、留学していたのですから、語学力はあって当たり前だとみなされます。逆に、語学力ばかりをアピールしていると、それ以外に留学中に何も得られなかったのかと思われかねません。しかも前述のように、留学先から帰国したその後時間が経ってしまうと、その語学力すら衰えてしまうでしょう。

留学中に築いた人脈もアピールポイントになる

上記の点をふまえ、語学力以外のスキルも積極的にアピールしましょう。特に留学先で、異なる文化や価値観を持つ人々と、お互いに尊重し合いながら意思の疎通を図って来たという、高度なコミュニケーション能力などがアピールできます。またスキル以外でも、そうしたコミュニケ―ションを通じて構築してきた人脈等も、セールスポイントになるでしょう。いずれにせよ、入社してからその後の仕事で生かせることを、積極的にアピールするのがおすすめです。

留学後は視野を広げて志望先を探すのがおすすめ

留学先から帰国したその後、経験を生かして就職する際には、視野を広げて様々な志望先をターゲットにする方がよいでしょう。留学中に得たスキルが活かせる外資系企業などは有力な候補ですが、競争率も高く、求められる語学力やその他のスキルも高くなります。そこで、国内企業にも目を向けてみましょう。海外取引のある中小企業、留学希望者や外国人と関わるベンチャー企業等、留学したその後に経験を生かせる職場は多々あります。

エージェントを利用すると内定のその後もフォローしてくれる

上記の活動に関して、特に転職の場合は、留学経験者への対応をしっかりしてくれるエージェントを利用するとよいでしょう。元々転職活動自体が大変ですが、留学経験者が帰国してその後活動する場合は、日本でのブランクがある分、尚更大変になります。そこで、転職エージェントの力を借りて、様々な相談に乗ってもらい、留学経験者を積極的に受け入れてくれる企業を紹介してもらいましょう。エージェントを利用すると、内定のその後についてもフォローしてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です