親の価値観の押し付けが与える就活の影響

就活における価値観の意味となぜ親が就活に関する価値観を押し付けかをみてきました。最後に親の価値観の押し付けが与える就活の影響についてみていきたいと思います。

自分の軸を持てずに就活が進む

就活において、大切なのは「自分軸」です。自分の経験を活かした仕事につきたい、自分がやってみたいと思うこと、自分の価値観を、したい仕事の理由に反映させることが大切です。価値観の押し付けによって、その軸が持てずに就活が進んでしまう可能性があります。

本当に働きたい企業が不明瞭になる

軸が持てなくなった影響は企業選びにも問題が生じます。つまり、自分軸がないため、本当に働きたい企業かどうか判断つかなくなるのです。

新しい発想が生まれづらい

時代とともに価値観は変わります。古い体質を打ち破ってからこそ新しいものが生まれます。つまり、親が価値観を押し付けたことによって、新しい発想が生まれなくなるかもしれません。

なぜ親が就活に関する価値観を押し付ける?

就活における価値観の重要性はおわかりになりましたでしょうか。続いてなぜ親が就活に関する価値観を押し付けるかを考えていきます。なぜ親は価値観を押し付けるのでしょうか。

就活を経験した親の意見が押し付けに変わる

「親の価値観の押し付け」が多く就活における家庭内トラブルの原因となっています。る。就活生に親としてのアドバイスが押し付けになっているようです。
「私の時はXXだったからXXXしなさい」や「XXXXXしたおかげでXXXXできたから、XXXXもそうしない」。つまり、就活を経験した親の意見が押し付けに変わるのです。

親の希望・想いが押し付けに変わる

「安定した生活を送ることこそ幸せにつながる」という親の希望が就活に関する価値観を押し付けになっているのかもいしれません。「有名な会社で働かないと幸せになれない、そんな知らない企業で働いてはダメ」と親の希望・想いが押し付けに変わってしまうのです。

親の価値観の押し付けによって就活の軸を見失う恐れがある

親の価値観の押し付けが与える就活の影響について考えていきましたが、いかがでしょうか。
親とはいえ、子供の価値観と一致するわけではないのに、親が自分の価値観を意識的でも無意識にでも押し付けようとすることで、困惑している就活生は少なくありません。
親の価値観の押し付けによって就活生は就活の軸を見失う恐れがあるので注意しましょう。

就活における価値観とは?

親の価値観の押し付けが与える就活の影響について考えていきましょう。まずは就活における価値観についてみていきます。
価値観によって、何が大事で何が大事でないかという判断、ものごとの優先順位が決まります。

働く意味や企業選びに影響する

価値観は就活において働く意味や企業選びに影響します。価値観によって働く意味の本質が見えてきますし、自分の価値観で就職する企業を選びます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です