面接は面接官とのコミュニケーションの場

ESが無事通過すれば面接がはじまります。就職活動の面接で重要となるのは言葉のキャッチボールを意識し、面接官との会話を重んじることです。就職活動では自分の志望動機を一言一句丸暗記し、それを答える必要はありません。面接は新卒学生と面接官とのコミュニケーションの場であり、自分と一緒に働きたいと思ってもらうためのアピールの場だと思いましょう。丸暗記した内容を語っても面接官の心には伝わりませんし、一緒に働きたいとは思ってもらえません。キーワードだけを頭に入れておくようにし、後は面接の場で面接官の質問にしっかりと耳を傾けながら必要に応じてキーワードをもとに回答を行っていくことが新卒の学生が就職活動を行う上でのポイントとなってきます。

1回の発言は30秒から1分以内にする

就職活動の面接では、面接官はたくさんの新卒の学生と会って話を聞かなければなりません。ですので、長すぎる話は相手を退屈にさせてしまいますし、評価の上で致命的なマイナスポイントになってしまします。一般的に人は1分以上話を聞いていると集中力がなくなってきて退屈してしまいますし、聞いた内容を覚えていられません。ですので、面接官に効果的に自分の伝えたい事を伝えるためにも、話は短く簡潔に伝えることが大切です。また、結論を先に述べることも非常に重要なポイントとなるでしょう。

明確な志望動機が就職活動を成功させる

志望動機を書く上で大切なポイントは、どれだけ自分がその会社で働きたいのか理由を明確にし、熱意を込めて分かりやすく伝えることです。会社側が新卒採用を行う上で、学生の本気度を測る重要な指標が志望動機になるのです。ですので、こちらの本気度を伝えるためにも、志望動機はよく業界研究や企業分析がされた根拠の伴う理由でなければなりません。ESに書く上では業界研究などを無理に織り込む必要はありませんが、就職活動を行っていく中で「なぜ他社ではなくこの会社なのか」という面接官の質問に対応できるようにするためにも自分でしっかりと研究・分析を行い、どうしてもこの会社に入りたいのだという理由を伝えるのが大切になるでしょう。

志望理由は3つに絞ると伝わりやすい

新卒の学生が就職活動するにあたり、志望動機が論理立っていると面接官やESを読む人事担当者に思わせるコツは志望理由を3つ記入することです。カメラの三脚を想像してみてください。脚が2つであれば不安定ですが、3つであれば安定して自立することができます。かといって、志望理由が多ければいいというわけではありません。志望理由が4つや5つになればまとまりがなく、聞いている側もうんざりしてしまうでしょう。特に熱意のある新卒の学生は理由がたくさん思い浮かぶものですが、そういった場合でも特に順位の高い理由3つに絞るようにしましょう。

ESから就職活動は始まっている

日本中の新卒学生が一つの企業に対しエントリーを行いますので、人事担当者は少ない時間の中で非常に多くのESを読まなければなりません。新卒の学生が書いた志望動機や自己PRが一度読んだだけでは伝わりづらい場合、人事担当者によい印象を与えないでしょう。人事担当者も時間がありませんので、読み終わってからもう一度熟読してもらえることはないと考えた方がよさそうです。字が汚いなどはもってのほかで、その時点で就職活動の選考からは落とされてしまう可能性があります。

文章を短く切ることで相手に伝わりやすくなる

新卒の学生が就職活動を行うにあたり、自己PRや学生時代に取り組んだことなどを記述しなければならない機会は多いとは思います。一度読んだだけで相手に伝わる文章を書くためには、「~ので」「~であるから」などの接続語を多用せず、文章を短く切るのがポイントです。一文が長くなってしまうと、文章を読み終える頃には結局何が言いたいのか分からない文章になってしまいます。
また、「この」や「その」などの指示語も減らしましょう。指示語を使わず具体的に記述することで、言いたい内容がはっきりと表れた分かりやすい文章になります。

新卒の学生の特権である笑顔と清潔感で就職活動を成功させよう

ESや面接において、分かりやすく簡潔に相手に自分の言いたい事を伝えることが大切だと先に述べてきましたが、それを実行する上で当たり前となる大前提は新卒の学生の笑顔と清潔感です。就職活動においてだけでなく、日常の場面においても相手と良好な関係を築く上で、笑顔でコミュニケーションを行い、清潔感のある身なりに整えておくことは大切なことだといえるでしょう。いくら論理立った志望動機を分かりやすく伝え、企業研究をしっかりと行っても笑顔や清潔感の無い学生とは誰も一緒に働きたいとは思いませんよね。なによりもフレッシュさこそが新卒学生の特権なので、笑顔と清潔感を忘れずに就職活動を成功させましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です